仕事効率化研究室

手帳やノートの使い方を中心に、仕事を効率化して、毎日を楽しく過ごす方法を共有します!

早起きするコツ

あなたは朝型ですか? それとも、夜遅くなった方が調子が出るタイプでしょうか?

私は、基本、朝型ですが、楽しい飲み会ならば時間を忘れて2時3時まで付き合うこともある両刀使いです(;^_^A
 
急に降ってきた仕事があり、昨日は久しぶりに21時半頃まで職場にいました。
それから1時間かけて自宅に戻ったあと、バタバタと夕食を取って、お風呂に入って……。
帰宅後1時間で済ませて23時半に布団に入ったけど、今朝もいつもと同じ4時過ぎに起きて活動を開始しています。
 
朝4時に起きるから、できれば23時には寝たいのですが、昨夜はそういうわけにはいかなかったので、30分くらい睡眠不足で少し眠いです(>_<)
 
 
前日遅かったのなら、次の日くらいゆっくり寝てもいいのでは?
という意見もあると思いますが、それでも早起きする理由は2つ
 
1つは
昨夜遅かったから今朝はゆっくり……。をやってしまうと、今度は
今朝遅かったから、もうちょっとやろう、と思ってしまうのではないか?
その結果、ズルズルと起きる時間が遅くなってしまうのではないか?
と思うからです。
 
私は基本的には怠け者なので、起きる時間か寝る時間のどちらかは固定したいのです。
夜はいろんな予定が入って狂うことも多いので、起きる時間を固定しているのです。
 
 
もう1つの理由は、満員電車に乗りたくないから。
以前、今より1時間以上遅く家を出ていたときは、本を読みたいから網棚に荷物を置けるくらいの混み具合の電車には乗りたいと思っていたのですが、
もう1本前の電車に乗ったら、もっと空いてるかな?
と思って早めていったら、結局、今の時間に落ち着いたというわけです。
結果、今は毎朝座って通勤しています(^^)
 
これに慣れてしまうと、もう混んだ電車には乗りたくないですね。
 
 
以上、私が早起きする2つの理由を書きましたが、満員電車に乗りたくない、という方がかなり強いです。
 
 
おっと、今日のお題は「早起きするコツ」でしたね。
どうすれば早起きできるのか?
それは、
なんのために早起きするのか? 目的を明確にすることです。
 
早起き自体は目的ではありません。
早起きして何をするのか?
目的があるからこそ、起きることができるのです。
 
あなたもゴルフや釣りに行くとなると何時でも起きられますよね?
それと同じです。目的があれば早起きできるのです。
 
でも、目的は、
早起きして勉強する、とか、本を読むといった自分1人でできることではなく、人といっしょにやることの方がいいですね。
 
私もそうですが、自分との約束って、簡単に破れるし、少しくらいの後悔はするかもしれないけど、責められることがないので、反故にすることも多いのです。
でも、他人が絡んでくると、そう簡単に約束を破るわけにはいきません。
 
私が早起きをする理由である電車の込み具合も同じです。
この電車は何でこんなに混んでるんだ!
と文句を言ったところで空くわけではありません。
空いた電車に乗りたいのなら、自分で選んで乗るしかないのです。
だから、これも自分が影響を与えることができないこと,こちらが合わせるしかないことです。
 
早起きすることでしか達成できないこと。
そんな目的を見つけたら、あなたも早起きできます。
絶対!
 
 
【編集後記】
お風呂から出たあと、普段は、その日の振り返りをしながら日記を書くのですが、昨夜は帰りが遅くなったので、日記よりも睡眠時間を確保することを優先してしまいました。
なのでこれからやりますが、
これだけは守る
そう決めたルールさえ守ればあとは状況に応じて変えてもいいと思います。
また、こういうときには守らなくてもいい、という例外を作ってもいいと思います。
私も休日は目が覚めるまで寝ることにしていますからね。
まぁ、例外が例外じゃなくなってしまっては困りものですが。
 
さて、そろそろ昨日の日記を書かなければ!!
 
では、また(^.^)/~~~

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

あなたの1票がランキングに反映されますので、よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

 
広告を非表示にする