読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事効率化研究室

手帳やノートの使い方を中心に、仕事を効率化して、毎日を楽しく過ごす方法を共有します!

一度思いついたアイデアを変更するのは難しい?

こころのはなし 雑記

相変わらずブログのネタ出しに苦労している技術屋です。

 
今朝も、
今日は何を書こう?
と思いながら駅まで歩いていたのですが、そのとき頭に浮かんできたのが、少し前に Podcast で聴いた
 
死にたいと思っているのは頭だけ。身体は死にたがっていない。
 
という言葉でした。
 
 
これは、ネルケさんというドイツ人のお坊さんが話されたことですが、 
どんなに死にたいと思って息を止めても窒息死することはない。
だから、死にたいと思っているのは頭だけで、身体は死にたいとは思っていない,生きたがているのだ。

という感じだったと記憶しています。

 
 
 
なぜこの言葉が浮かんできたのかまったくわかりませんが、浮かんできてしまったことはなかなか消せないですね。
 
 
そのあとは、
 
これをどう記事にする?
自分は死にたいとまで思ったことはないけど、鬱になって、職場でも電車の中でも突然、訳もなく涙が出てくるようになったときには、なんでこんなことになるの?? と思ったことはあるけど……。
 
などと考えていたのです。
 
 
でも、電車で座ったあと、
 
これじゃぁ書けないよな〜 ほかのネタを考えよう。
 
と思ったけれど、「死にたいと思っているのは……」という言葉が頭から離れず、ほかのことは全然思いつきませんでした。
 
 
なぜなんでしょうね?
どうして一度頭に浮かんだことは消せなくなるのでしょう?
 
 
そういえば
ピンクのパンダを思い浮かべないでください
と言われると絶対に考えてしまう。
という話も聞いたことがあるし、これも正しいと思います。
 
ほらっ、今、あなたもピンクのパンダを想像したでしょ?(笑)
 

f:id:tkazu0408:20151209064238g:plain

 
 
 
否定も肯定も脳には関係ないから、◯◯するな、と言われても、そのとおりのことをしてしまう
と言われているし、それが人間なのかもしれませんね。
 
 
 
では、今日の本題に戻って
どうすれば違うアイデアが出てくるのか?
 
ブログに限れば、ネタが思いついたときにタイトルだけでも書いて下書き保存しておく、という方法はあると思うし、実際にいくつか書いてはあります。
でも、記事として書き上げられるまでには至らず、そのままになっているんですけどね。
 
もちろん、今朝も下書き記事のチェックはしたけど、書き上げられそうになかったので、こんなことを書いてしまったんですけど(;^_^A
 
 
まぁ、これもアタマを鍛える訓練だと思って、引き続き無い知恵を絞り出していきたいと思っています。
 
 
 
「死にたいと思っているのは……」という話を聞いたPodcast番組はこちら↓です。
(4回構成なので、この回ではなかったかもしれないけど…… そのときはすみませんm(__)m) 

 
 
 
人気ブログランキングに参加しています。
この記事は良かった。
少しでもそう思っていただけたなら、クリックで応援をお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 その他生活ブログへ
 
 
広告を非表示にする