読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事効率化研究室

手帳やノートの使い方を中心に、仕事を効率化して、毎日を楽しく過ごす方法を共有します!

私が「2016年の夢と目標プレゼン大会」で優勝できたわけを自己分析してみた

昨日、おとといと「2016年の夢と目標プレゼン大会」のことを記事にしてきましたが、その最後に、私が優勝できた理由を自己分析した結果を書いてみます。
 

f:id:tkazu0408:20160124145812p:plain

 
 
 

目次

 
 
 

夢を最初に語った

昨日の記事にも書きましたが、先日のプレゼンは、こんな順番で話をしました。

f:id:tkazu0408:20160124150306p:plain

ビジネス書を読んでいると、
結論が先、その根拠や理由は後
と書かれていますが、それと同じように、いちばん最初に「」を紹介したのです。 
私の夢は
予備軍を含めた鬱の人を減らしたい! 少しでも辛さを減らす手伝いをしたい!
このままでは鬱になってもおかしくない人を明るい方向に導きたい!
ということです。
と。
 
だから、以降の話を聴くときにも、この「夢」がインプットされた状態になっていたのです。
 
 
ほかの人のプレゼンも聴きましたが、
いつになったら夢の話になるのかな?
と思った人もいたので、最初に夢を語ったのは正解でした。
 
 
 

疑問・質問に答える

先ほど紹介した「夢」を聞いたら、
なぜそういう夢を持ったのだろう?
どうやってその夢を叶えようとしているのだろう?
という疑問を持ちますよね?
 
ですから、その疑問に一つひとつ答える形でプレゼンを続けたので
なるほど!
と納得してもらえたのだと思います。
 
 
 

自分の体験を入れた

カツヨさんにバッサリ斬られたとき
毎月10冊も本を読んで、そこから何を学んだのかさっぱり分からないわ。
行動した結果、どうなったとか書かなきゃ他のブログと一緒じゃない
これを書かずに何書くの!!
本を読んで行動しようと提案しているのですが、
実際に自分がこんな本を読んで、こんな行動して、こんな結果になった
というモノがこの記事にはないのが残念です。 
 と、自分自身の体験を書いていないことを指摘されましたが、今回のプレゼンはまったく逆。
自分自身が鬱で苦しかった体験を話したことも、共感してもらえた理由でしょう。
 
また、手帳はスケジュール管理をするためのもの、という考えが多い中で、
手帳で自己受容できるようになる,自己重要感が上がる
という意外性もウケたようです。
 
 
 

具体的だった

自分の体験は事実ですから、具体的に話すことができたのは当然として、それ以外にも 
手帳の使い方を伝えます。
勉強会もやります。
と、もう夢に向かって動きはじめていることを具体的に話したことで
本気でやろうとしているんだな~
と、良い印象を与えられたのではないでしょうか。
 
 
 

ツイてた

いちばんの勝因はこれかもしれません。
おとといの記事にも書きましたが、発表順を決めるくじで1番を引き当てたのです。
 
ほかの人のプレゼンを聴いたあとだったら
げぇー、こんな人の次に話すのかぁ……
と、弱気になって、言いたいことが言えなかったかもしれません。
 
それが1番くじを引き当てたことで、他人のプレゼンを気にすることなく、思い通りに話をすることができた。
だから、運がよかった,ツイていた、というのがいちばんの勝因ですね。
 
なーんて書くと、まったくほかの人の参考になりませんね(;^_^A
 
 
 

まとめ 

優勝できたいちばんの理由は「ツイてた」「運がよかった」と書きましたが、
「運」は、一生懸命にやった人への神様からのプレゼント
だとも思っています。
 
今回プレゼンするにあたり、昨日の記事に書いたとおり、かなり準備をしました。
言いたいことを書き出したら、持ち時間を大幅に超えてしまったので、本当に伝えたいことだけに絞って話をした。
 
仕事だったら、ここまでやらないのに(;^_^A
今回のプレゼンは、ちゃんと準備をしました。
 
今回の優勝は、そんな私への神様からのプレゼントだったんじゃないかって思います。
 
 
プレゼン大会は終わったけれど、夢への道は、まだまだ片足を上げた程度で、1歩も踏み出していません。
 
今回参加したみなさんや、その他の人の力も借りながら、一歩一歩夢に近づいていきたいと思っていますので、
今度ともどうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>
 
 
 
【関連記事】 

 

 

  

 
ブログを更新したことは Twitter でもつぶやきますので、次の記事も読みたい! と思ったあなた。Feerly への登録が便利ですよ(^^)
 
follow us in feedly
 
 
 
ご相談・お問い合わせはこちらからもどうぞ(別画面で入力フォームが開きますので、そちらに記入して送信してください)
 
 
 
人気ブログランキングに参加しています。
この記事は良かった。
少しでもそう思っていただけたなら、クリックで応援をお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 その他生活ブログへ
 
 
Facebookページやってます
 
 
スポンサードリンク
 
 
 
 
 
広告を非表示にする