仕事効率化研究室

手帳やノートの使い方を中心に、仕事を効率化して、毎日を楽しく過ごす方法を共有します!

「あんなことやってるよ」とバカにしていることは、本当は自分もやりたいことなのかもしれない

私はスマートフォンでゲームはしません。
というより、そもそも一本も入れてないし……。
 
5~6年前まで、まだガラケーを使っていた頃は、通勤電車の中では、ずーっとテトリスなどのゲームをしていましたが、いつからかぱったりとやめました。
 
だって、ゲームしてる時間は何も生み出さない,非生産的な時間だから。
ほかにやりたいこと,やらなければいけないことがたくさんあって時間が足りないくらいなのに、そんなことに時間を使うのはもったいない,時間の無駄遣いだと思うから。
 
だから、電車の中でずっとゲームしてる人や、電車を降りても歩きながら,エスカレーターに乗ってもゲームをしている人を見ると
そこまでしてやりたいのか?
と思ってしまいます。
 
そんなことに使える時間があっていいよね~
とも(嫌味な感じで)。
 
でも……
 
f:id:tkazu0408:20160126061204j:image
 
 
今は空港に向かうリムジンバスの中ですが、斜め前に座っている人は、やはりずっとゲームをしています。
それを見た私はいつもの如く
そんなに面白いのか? そんなにやりたいのか?
と思うと同時に
 
もしかしたら、いいな~ と思っているんじゃないか?
本当はうらやましい,自分もやってみたい、と思っているんじゃないか?
 
ということが頭をよぎりました。
 
ゲームしてる時間は何も生み出さない,非生産的な時間だからやらないことにしているけど、本当はやりたいんじゃないかって。
だって、以前は長々とやっていたわけですからね。
 
 
どちらが自分の本心なのかはわかりませんが(たぶん、やりたいのだと思うけど)、他人の言動で気持ちが動いたときには
なぜそんな気持ちになったのか?
を考えることで、自分の本当の気持ちが見えるかもしれませんね。
 
 
 
 
ブログを更新したことは Twitter でもつぶやきますので、次の記事も読みたい! と思ったあなた。Feerly への登録が便利ですよ(^^)
 
follow us in feedly
 
 
 
ご相談・お問い合わせはこちらからもどうぞ(別画面で入力フォームが開きますので、そちらに記入して送信してください)
 
 
 
人気ブログランキングに参加しています。
この記事は良かった。
少しでもそう思っていただけたなら、クリックで応援をお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 その他生活ブログへ
 
 
Facebookページやってます
 
 
スポンサードリンク
 
 
 
 
 
広告を非表示にする