読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事効率化研究室

手帳やノートの使い方を中心に、仕事を効率化して、毎日を楽しく過ごす方法を共有します!

手帳と楽しく付き合う3つのコツ

あなたは手帳と楽しく付き合えていますか?
 
手帳なんて、予定を書くだけだから、楽しいとか楽しくないとか、考えたことないよ
という人も多いかもしれませんね。
 
でも、手帳は上手に使うと自分を向上させてくれる非常に強力なツールになるので、少しずつでも手帳と向き合う時間を増やして欲しいですね~
 
 
人との付き合いも同じですが、楽しくないといっしょにいたくないし、長続きしません。
では、どうすれば楽しく付き合えるのか? 今日はそんなことを書いてみます。
 

f:id:tkazu0408:20160209061526j:plain

 
 
 

目次

 
 
 

決め事を作りすぎない

どこに何を書くのか
いつ書く・読むのか
くらいは決めたほうがいいけど、それにこだわりすぎないこと。
 
朝書こう!
と決めたとしても、いろんな理由でできない日だってあります。
そんなときは、朝にこだわらず、休憩時間や昼休みなど、時間が取れるときに書けばいいのです。
 
朝書くと決めたじゃないか! なんでやらないんだ!!
なーんて、手帳は文句を言ったりしませんからね(笑)
 
もし、文句を言う人がいるとしたら、それは、あなた自身です。
 
決めたことが守れなかった
   ↓
やっぱり自分はダメなんだ……
 
とセルフイメージを下げることにもなりかねないので、
〇〇ねばならない
は、なるべく少なく
△△してみよう~
くらいの軽い気持ちでやりましょう!
 
 
 

物足りないぐらいのところでやめる

食事もお腹いっぱいになるまで食べてしまうと、
もういいや……
と思いますよね?
 
お酒なんて、飲みすぎて二日酔いになったりしたら、
もう、お酒は飲まない!
とまで思ってしまう……。
けど、またすぐに飲むんですけどね(;^_^A
 
手帳に限らず、勉強や仕事もこれと同じ。
お腹いっぱいになるまで詰め込まないこと。がんばってやりすぎないことが大事です。
 
がんばってしまうと、次に向き合うのが嫌になります。
 
それが仕事や勉強だったら、半強制的にやらされることなのでやりますが、手帳を使うか使わないかは自分ひとりで決められることだから、気が重くなると向き合いたくなくなる。 
だから、少し物足りないくらいでやめておきましょう!
一気にたくさん書くより、短い時間でいいので何度も開く方がいいのです。
 
 
 

どういう手帳にしたいのか? コンセプトを決める 

何のために手帳を使うのですか??
 
もしかすると、
そんなことは考えたことがない。
スケジュール管理するためじゃないの?
という人がほとんどなのかもしれませんね。
 
それならそれでもかまわないのですが、
どんな風にスケジュールを管理したいのか?
って、ありますよね??
 
たとえば、あたりまえだけど
予定を忘れないように書こう
とか、
仕事もプライベートも1冊に書こう
とか……。
 
わたしがデジタルからアナログ手帳に戻したときのコンセプトは
あとで見返したくなる手帳にする!
でした。
 
どんな手帳にしたいのか??
それを決めたら、何を書けばいいのか,何が書きたいのかが見えてきますよ。
 
 
 

おわりに 

この記事を書いていて
 
決め事を作りすぎない
 ⇒ 束縛されたくない
 
一気にたくさん書くより、短い時間でいいので何度も開く方がいい
 ⇒  たまに長い時間いっしょにいるより、短い時間でいいので頻繁に会うほうがいい
 
など、人と付き合うときと似ていな~ と何度も思ってしまいました。
 
最初にも書きましたが、
手帳は上手に使うと自分を向上させてくれる非常に強力なツールです。
そんなツールをいつも楽しく付き合えるパートナーにしてあなたも進歩,進化してください!
 
 
 
【関連記事】

 
 
 
ブログを更新したことは Twitter でもつぶやきますので、次の記事も読みたい! と思ったあなた。Feerly への登録が便利ですよ(^^)
 
follow us in feedly
 
 
 
ご相談・お問い合わせはこちらからもどうぞ(別画面で入力フォームが開きますので、そちらに記入して送信してください)
 
 
 
人気ブログランキングに参加しています。
この記事は良かった。
少しでもそう思っていただけたなら、クリックで応援をお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 その他生活ブログへ
 
 
Facebookページやってます
 
 
スポンサードリンク
 
 
 
 
 
広告を非表示にする