仕事効率化研究室

手帳やノートの使い方を中心に、仕事を効率化して、毎日を楽しく過ごす方法を共有します!

手帳は時間のナビゲーションシステムである

 

あなたは手帳に何を書いていますか?

 

なに、当たり前なことを……。予定に決まってるでしょ!

 

と言われそうですが、本当に予定を書いていますか?

あなたの言う「予定」とは、

会議や打ち合わせ,待ち合わせなど、他人とのアポだけではありませんか?

 

今日1日のあなたの予定って、他人とのアポだけでいっぱいなのですか?

 

 

中にはそんな日もあるでしょう。

でも、ほとんどの日は予定が入っていない時間があって、そこで自分でやる仕事をしていますよね?

なぜ、それも予定として書かないのですか?

 

自分の作業予定だから、頭に入っていればいいから?

 

じゃあ、その作業はいつまでに終わらせるのですか?

これを考えたことがある人は少ないかもしれませんね。

 

今やっている作業が終わったら次はこれをやろう、までは考えていても(以前の私はこれも考えていませんでした。1つ終わったら、さて次は何をしよう?と考えていました) 、

今やっていることを何時までに終わらせて、次の作業に取り掛かろう!

そこまでは考えていないでしょう。

 

 

f:id:tkazu0408:20160701061838j:plain

 

これをドライブにたとえると、

ここと、そこと、あそこに行こう!

と頭に中で考えただけで車に乗って出かけるようなもの。

 

そこに行くのにどれくらいの時間がかかるのか?

どんなルートで行くのか?

も決めずに出発してしまっているのです。

 

 

ドライブするときにそんなことをしますか?

昔だったら、少なくとも地図を見てルートを確認する。

今ならカーナビをセットするのではありませんか?

だからちゃんと予定した時刻に目的地にたどり着ける。

 

 

 

1日の過ごし方もこれと同じです。

今日は、これと、それと、あれを、こういう順番でやろう。

それぞれ〇時間かかるから、全部終わるのは✖時ごろ。

よしっ! 定時で帰れるな!

になるのです。

 

何も考えずにスタートするから、

もう〇時だから、そろそろ帰ろう

と、毎日同じ時間まで残業してしまうのです。

 

 

手帳に自分とのアポも書いてみませんか?

自分の一日を設計してみませんか?

 

仕事の効率はそれだけで 2割・3割は簡単に上がります。

少し前に書いた記事『残業が減らない理由はメンタルブロックだった』の中で、

月60時間の残業を半分の30時間にするためには、13.6%効率アップすればいい

と書きました。

 

といういうことは……。

です!

 

 

手帳に自分とのアポを書くのは5分あれば足ります。

だまされたと思って1度やってみてください。

効果が実感できて止められなくなりますよ。

絶対!!

 

 

【関連記事】 

 

 

 

手帳の使い方・書き方の勉強会も開催しています。

興味がある方はこちらものぞいてみてくださいね~

www.kokuchpro.com

 

 

広告を非表示にする