生産性向上研究室

手帳やノートの使い方を中心に、仕事・プライベートにかかわらず生産性を向上させ、毎日を明るく楽しく過ごす方法を共有します

昨日よりも成長するために、毎日手帳に書いていること

初めての著書『仕事が速くなる! PDCA手帳術』が11月16日に発売になりました。発売前に増版も決定しましたが、なるべく多くの必要としている人に届けたいので、これからも応援、よろしくお願いいたします!

手帳が変われば人生が変わる

「人生」とは時間です。

時間を管理するのが手帳だから、手帳の使い方が変われば人生も変わる。

 

手帳を使うことで「自分の思い通りの一日を過ごす」

それを積み重ねた結果として「欲しい未来を手に入れる」

つまり、「今よりもっと幸せになる」ための手帳の使い方を伝えている、仕事効率家のかずです。

また、10月下旬か11月上旬に、私の手帳の使い方や考え方をまとめた書籍が上梓される予定なので、そのときは、みなさま、応援をよろしくお願いしますm(_ _)m

 

 

 

私は「成長」とは、「できなかったことができるようになることだと思っています。

 

そこで、この記事では、昨日できなかったことが今日,今日できなかったことが明日できるようになるために私が手帳に書いていることをご紹介します。

 

 

といっても、大したことをしているわけではありません。

というより、「大したこと」をやろうとすると大変なので、最初の数日はできても、毎日続けることができず、三日坊主になりかねません。

 

「千里の道も一歩から」と言われるように、小さなことをコツコツと続けた結果として、大きなことができてしまうのです。

 

 

前置きが長くなりましたね。

私が毎日、手帳に書いているのは、「その日の課題・最優先事項」です。

f:id:tkazu0408:20170904064322p:plain

 

毎晩、その日を振り返ったときに、

今日はできなかったけど、できるようになりたいな~

と思うことがあったら、それを手帳のメモページの翌日の欄に書いておきます。

 

机に座っている間、常に手帳は開いているから、この「課題」もすぐに目に入るんですよね。

目に入るから忘れずに行動できるのです。

 

 

いろんなところで「記憶より記録」と書いていますが、この課題も同じです。

いくら頭の中で「明日はこういうことに気をつけて行動しよう」と思っていても忘れてしまって行動できないことも多いものです。

 

だから、書く。

書いていけば、忘れてしまっても見れば思い出します。

 

そのためにも、いつでもすぐに目に入るところに書いておく必要があるのです。

 

 

そして、夜の振り返りのときに、設定した課題ができたのかどうかを、色を変えて書いています。

 

 

 

昨日の記事で、来年も今年と同じウィークリーレフト型の手帳『リスティ2』を使うために購入したことを書きました。

 

「時間管理」という面だけで考えると、レフト型よりも、最近はやりのバーチカル型の方が優れていると思っています。

しかし、この「課題」を書くスペースが取れないんですよね、バーチカル型では。

 

一時期、手帳とは別のノートに課題と結果を書いたこともありますが、別々だと、書くのも見るのも面倒になって続きませんでした。

だから、時間管理の部分は譲って、しっかりメモが書けるレフト型を使っています。

 

 

どんな手帳を使うのか? は、その人が書きたいことや優先順位によるので、レフト型を使いなさい、とは言いません。

しかし、昨日より今日,今日より明日、成長したいと思うのなら、毎日,毎週,毎月、課題を設定して、それができたかどうかを書くことを習慣にして欲しいですね。

 

まだまだ私も成長・進化し続けたいので、これからも毎日書き続けます!!

みんさんも、いっしょにやりましょう~

 

 

【来年も私のパートナーはこれです】 

 

 【関連記事】 

kazu-eng.hateblo.jp

 

 

 

◆イベント・セミナー情報

現在参加者募集中のイベントです。

【脱稿記念・期間限定・早朝限定】 無料個別相談会

 

1日5分×2回から始める PDCA手帳術 実践講座

 

 

個別相談も随時行っています。

個別相談お申込みフォーム

 

 

【ご質問・ご要望にもお答えします】

手帳の使い方や時間管理・タスク管理など、仕事効率化・生産性向上に関するご質問やご要望にもお答えします。もちろんお金はいただきません。

その場合もこちらまたはメニューの「ご相談・お問い合わせフォーム」からメッセージを送信してください。

確認後48時間以内に返信させていただきます。

 

その他、サービス等についてのご相談・お問合せもこちらからお願いいたします。

ご相談・お問い合わせはこちらへ 

 

 

 

広告を非表示にする