仕事効率化研究室

手帳やノートの使い方を中心に、仕事を効率化して、毎日を楽しく過ごす方法を共有します!

ドキドキするのは初体験のときだけ

1月30日に初めて自分で開催したイベントを終えたワタクシですが、その日に第2回のイベントを立ち上げ、それだけではなく、昨日の昼休みに思いつきだけで朝活バージョンの勉強会まで立ち上げてしまいました。
 

f:id:tkazu0408:20160205070253j:plain

 
 
初めてのイベント立ち上げるまでは
やったことがないから、どうすればいいかもわからない
どんなイベントをやればいいかもわからない
参加者がいなかったらどうしよう?
そんな、やらない言い訳ばかり考えて先延ばしにしてきたのに、二度目になると何の迷いもなく立ち上げることができました。
 
 
昨日の昼休みにイベント情報を書いているときなんて、
誰も来なくてもいいや。
そのときはそのとき
カフェでひとりで手帳タイムにしよう!
そんな、かるーい気持ちで作れたのです。
 
第1回をやるまでは、あんなにぐずぐずしていたのに……。
 
 
 
どんなことでもこれと同じじゃないか、って思うんですよね。
やったことがないことをやるのは不安だし怖い。
 
でも、不安や怖さと、できるかできないかは別
不安で怖かったけど、やってもたらできることも多いし、
逆に、全然怖くなかったけどできなかった、ということもあるでしょう。
 
 
できるかできないかは、やってみないとわからない。
だったら、
失敗したら命に関わることや破産してしまうようなことを除けば
やってみたい!
と思ったことには積極的にチャレンジした方がいいのです。
 
上手くいけば自信になるし、満足できる結果が残せなくても経験になる。
重要なのは、何を成し遂げたのか? ではなく、どんな経験をしたのか?
なのだから。
 
 
 
【参考記事】 

 

 

 

 

 

   
 
ブログを更新したことは Twitter でもつぶやきますので、次の記事も読みたい! と思ったあなた。Feerly への登録が便利ですよ(^^)
 
follow us in feedly
 
 
 
ご相談・お問い合わせはこちらからもどうぞ(別画面で入力フォームが開きますので、そちらに記入して送信してください)
 
 
 
人気ブログランキングに参加しています。
この記事は良かった。
少しでもそう思っていただけたなら、クリックで応援をお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 その他生活ブログへ
 
 
Facebookページやってます
 
 
スポンサードリンク
 
 
 
 
 
広告を非表示にする